2022年度「滋賀県の宝物」始動!第1回セミナー開催!




7月20日(水)に、2022年度「滋賀県の宝物」第1回目となるセミナーを開催しました。


昨年度参加者による生の声からスタートし、「社会的意義のある商品作り」をテーマにセミナーを実施しました。


宝物プロデューサー羽根は、宝物の商品開発の方程式である「差異×理解=価値」の理論と、社会の変化への嗅覚を高めることの価値を解説しました。




 

参加事業者さんによる全体シェアでは、「おつけもの丸長」さんが、ベーグルにタルタルソースを合わせた商品を発表。


試食を実施し、参加者の皆さんでベーグルとタルタルソース、それぞれの特徴を味わいました。


ブラックベリードレッシングとカヌレも試食し、酸味が少なく、甘くて美味しいと評判でした。

ただ、キューピーなど大手のドレッシング会社やお菓子メーカーとの「差異」を打ち出したいとのこと。


ここから、どのように価値に繋がる「差異」を生み出していくのか、今後に期待です!


 

続いて、信楽焼の窯元さんが登場!

土の要らない、信楽焼の植木鉢や漬物入れを紹介し、空気をよく通すこと、植物や発酵食品との相性の良さをPRしました。


コロナ禍で植物を育てる人が急増し、また、SDGsの観点からも繰り返し使える素材に注目が集まっています。時代の流れを汲んだ商品として、さまざまな商品とのコラボの可能性に期待ができそうです!


 

また、宝物セミナーでは、珍しい製本業者さんが全体シェア。

なんとあの赤本の7割をシェアしている事業者さんです!


古くなった本を裁断したもので作った、「脱力系玩具」を発表しました。

癖になる触り心地や動きに、参加者の皆さんや講師の羽根も興味津々でした!



今回のセミナーでは、全体発表で登場した商品を例に、「差異×理解=価値」の方程式への理解を深められたのではないかと思います!


次回、8月10日(水)の第2回セミナーでは、今回の学びを踏まえどんな進化があるのか、期待が高まります!

 

▼「滋賀県の宝物」セミナー詳細