2022年度「滋賀県の宝物」第3回セミナー開催!



2022年8月23日(火)に、滋賀県の宝物セミナー3回目を開催いたしました。


今回のセミナーは「ものを売らずにコトを売る技術」がテーマ。

過去の受賞者たちのプレゼンを見て、商品である “もの” のみならず、買い手の共感や体験、売り手の想いなどといった “コト” の重要性を学びました。


グループワークでは、それぞれの事業者さんが、自分たちの商品を開発するに至った経緯や開発秘話などを紹介し合い、 “コト” が商品に含まれているのか、付加していくにはどのような切り口が良いのか、アイディアを出し合いました。


 

全体シェアの時間では、岩谷クリエイティブ(株)琵琶湖コンファレンスセンターさんが、足湯スポットを紹介。


こちらのサービスは、現在、新人社員や小中高生の研修施設などとして使われているそうですが、足湯スポットを作ったものの、PRしきれていないという課題があるとのこと。


そこで、足湯スポットをPRするにあたって、ターゲットはどういった層になるか意見を出し合ったところ、参加者の皆さんからは、圧倒的に「女子旅」というアイディアが人気でした。



ただ、女子旅向けに売っていくには、もうワンフック欲しい…ということで、グループに分かれて付け加えられるアイディア出し合いました。


写真映えやスイーツなどといったポップな要素や、美容に良いミストやデトックスドリンクなどの美容に関する要素を加えるといった、女子旅をより魅力的にするアイディアが出てきました!


今回のセミナーで出た意見が、実際のサービスにどのように生かされていくのか楽しみになります!


 

続いて、ご朱印帳や巻物をはじめとした製本技術をお持ちの会社、株式会社ケーエスさんが、ご朱印帳を手作りできるキットを全体シェア。


ノートとは違い、蛇腹折で、ページごとに断絶されず一続きの表現をすることができるご朱印帳の活用方法について参加者同士でアイディアを出し合いました。



ご朱印帳の活用方法として、最近一般的になりつつある写真を冊子にするサービスを参考に、子供の写真を成長過程を追いながら並べ、メッセージを添えておじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼントにするという意見や、エンディングノートとして活用する、といった斬新な意見が出てきました。

 

今回のセミナーは、会場のみならず、オンラインでも活発に斬新な意見がでており、大いに盛り上がっていた印象です。3回目ということで、参加者の皆さんで、コラボや差異を意識したアイデアがどんどん生まれるようになっていました!


次回は、9月30日(金)に開催する、全国特別会!全国の参加者の皆さんが勢揃いすることで、どんな交流・刺激が生まれるのか、期待が膨らみます!

 

▼「滋賀の宝物」セミナー詳細