にっぽんの宝物事務局

Copyrights All Rights Reserved.

にっぽんの宝物 

​2017年度 島原半島グランプリ結果速報

吉田屋

萬勝の手造り甘酒

大正六年創業の酒蔵の4代目が作る、瓶内で発酵させる米麹の粒がそのまま残る手作り甘酒。

JAPAN大会

​出場権

グランプリ

玉乃舎

かんざらし

島原の手作りおやつ「かんざらし」を現代風にアレンジ。地元高校生、事業者とコラボ。

JAPAN大会

​出場権

準グランプリ

みかど本舗

角煮カステラ

長崎の新しい食べ歩き文化を作るべく完成した、自慢のカステラとポークの新感覚バーガー。

JAPAN大会

​出場権

準グランプリ

観月荘

こぶ高菜かくれいなり

スローフード最高位の「雲仙こぶ高菜」を、20年の伝統の味で仕上げた変わりいなり寿司。

審査員特別賞

嘉承株式会社×天洋丸

ジャコメル&ジャガメル

​旨味の詰まった橘湾産いりこをキャラメルに仕上げた、おつまみスイーツ。

審査員特別賞

のうち製麺

あげとっと

400年続く島原そうめんの3代目が作る、そうめんを進化させた「まかない菓子」。

敢闘賞

ほっとろっく

甘露シャーベット

濃厚な甘露さしみ醤油がほのかに香る、島原の牛乳・水・雲仙たまごで作ったシャーベット。

敢闘賞

その他の出場商品

雲仙野菜プリン

松栄

野菜ドレッシング

ベジドリーム

ゆで野菜「こばら畑」

マルニ

干し芋

しまばら創生

どぶろくうどん

農家民宿おむすび&松永

開催概要

今回1回目の開催となる島原半島大会。数多くのカステラ工場、そうめん工場が並ぶ地域。海産資源、農産資源に恵まれた土地で、新たな島原の顔となる商品が生まれるか。注目の第1回目です。

日付

2017年10月21日

場所

ホテルシーサイド島原

審査員

リッキービジネスソリューション株式会社 事業推進グループマネージャー 奥村友哉

株式会社ドゥ・ハウス 営業開発グループ クライアントサービス第3部 福田将啓

十八銀行ソリューション推進部 ビジネスサポートグループ兼アジアデスク業務役 山下淳司

アイコムズ株式会社 事業開発部次長 プロデューサー 大塚幸

​元シンガポール国家公務員 North Asia & Pacific Group Regional Director リー・ホイリョン

にっぽんの宝物プロデューサー 羽根拓也

日本での地域大会開催をご希望の方は、以下よりお問い合わせください

2018年のJAPAN大会への切符を手にするのはどの事業者か!?

2017年10月〜各地で開催

>>>