にっぽんの宝物事務局

Copyrights All Rights Reserved.

にっぽんの宝物 

​2017年度 宮崎グランプリ結果速報

​英楽

鶏むね肉の燻製生ハム

​独自の飼育方法で育てたブランド鶏「夢創鶏」を低温燻製で仕上げたふんわり食感の鶏生ハム。

JAPAN大会

​出場権

グランプリ

ひょっとこ堂×はまや×わそう農園

irodre〜食卓を彩るドレッシング

見た目にも鮮やかなプチプチ食感の新感覚ドレッシング。宮崎産のからすみ・トマトのコラボ​。

JAPAN大会

​出場権

準グランプリ

ケーキハウスくるみの里×サンライズ

甘酒プリン

もち米で作った甘さに深みのある甘酒を使ったプリン。生姜入りは大人の味わい。

JAPAN大会

​出場権

準グランプリ

BLUE OWL

抵糖質チーズまんじゅう

宮崎の定番お菓子が、お驚きの低糖質スイーツに。温めるとチーズがじんわり溶けだす。

審査員特別賞

今釜屋×パティスリー・ハラ

うめどぽわーる

​甘みのある新高梨と、梨だれの旨味、世界が認めたチーズがコラボした最強コラボスイーツ。

審査員特別賞

むつみ会×キムラ漬物工場

鶏TAKUバーガー

手間暇かけて乳酸発酵させたたくあんを贅沢に使い、旨味たっぷりの鶏めしで包んだ新バーガー。

敢闘賞

百姓隊

食べるドレッシング

野菜そのままの甘み、旨味を味わえる「野菜を野菜で食べる」ドレッシング。

敢闘賞

その他の出場商品

​丸ごとレモン

​日南レモン

レモンケーキ

ミロワール南香&日南レモン

​黄樹

日向利休庵

和洋大福

祝古屋

開催概要

JAPAN大会で調理部門グランプリを排出した宮崎大会。素材力とチームワーク力でどのような新しい商品が勝ち上がるのか、注目の第2回目の開催。

日付

2017年10月22日

場所

シーガイアコンベンションセンター

審査員

九州財務局宮崎財務事務所所⻑ 三原健

宮崎県総合政策部産業政策課課⻑ 重⿊⽊清

フェニックスリゾート㈱総料理⻑ 深⽔政信

宮崎空港ビル㈱営業部⻑ 藤本誠⼀

㈱宮崎放送RT推進局アナウンス部 加藤沙知

元シンガポール国家公務員 North Asia & Pacific Group Regional Director リー・ホイリョン

宮崎県信⽤⾦庫協会会⻑⾼鍋信⽤⾦庫理事⻑ 池部⽂仁

​にっぽんの宝物 プロデューサー 羽根拓也

日本での地域大会開催をご希望の方は、以下よりお問い合わせください

2018年のJAPAN大会への切符を手にするのはどの事業者か!?

2017年10月〜各地で開催

>>>