受賞結果

アセット 1_4x.png
アセット 1_4x.png

ひろしまの宝物グランプリ

2021-2022

ロゴフチあり_4x.png

ツアー・体験部門

グランプリ

瀬戸内隠れ家リゾート

357608_edited.png
357608_edited.png

瀬戸内隠れ家リゾート SUPフィッシング

SUPフィッシング-min.png

瀬戸内海の穏やかな海域で、SUPに乗って魚釣り。真鯛、アオリイカなどを中心に、旬の魚を釣ることができます。

SUP-min_edited.jpg

静かで資源がゆたかな海である瀬戸内らしい体験ができる。瀬戸内の財産を活かし、現代の技術をうまく組み合わせ、居心地のよいサービスとしての完成度が高く、そうか、この手があったか、と瀬戸内にも広がってほしい。

準グランプリ

544632.png
544632.png

オーガニック・牧場クラシック!

株式会社テレビマンユニオン/久保アグリファーム

IMG_4867-min.JPG

自然豊かな牧場で心も体も解放し、飲食、聴き方、赤ちゃんから牛までもが、誰もが気軽に楽しめる屋外クラシックコンサート!

牧場クラシック-min_edited.jpg

牧場でクラシックを聴くという、斬新さがオリジナリティがあっていい。五感、本能が刺激される感じ。クラシックをもっと根付かせたいという意志をとても感じた。完全放牧を目指すなど牧場の潜在能力も素晴らしく、今後他の地域でも展開できるモデルとなりそう。

審査員特別賞

株式会社okeikoJapan

509174.png
509174.png

宮島で体験を贈る、親孝行の旅

P1040059-min.JPG

宮島の禅寺を改修した体験施設で、着物・茶道・お守り作り・宮島散策。着物リメイクのお守り袋は世界で一つだけの思い出の品に!

親孝行-min_edited.jpg

着物文化と宮島との掛け合わせもよく、本当に人生の節目に素晴らしい体験になる。事業者の宮島愛を感じる人柄が素晴らしく、その情熱が素晴らしかった。

509174.png
509174.png

日本初サイクルカフェで尾道巡り

ユニーク体験賞

株式会社ディスカバーリンクせとうち

日本初サイクルカフェで尾道巡り-min.jpeg

日本で唯一公道走行が可能となった16人乗り自転車サイクルカフェで、エクササイズしながら尾道のまちを観光・体験するツアー。

尾道めぐり-min_edited.jpg

みんなで一緒に力を合わせて進み、街の人も巻き込みながら走行する一体感が最高だった。知る人ぞ知る尾道のルートを紹介してくれるのも素晴らしい。オーナーの語り口がアトラクションを楽しむときの名ガイドだと感じた。

自転車観光案内ぽたりん

509174.png
509174.png

瀬戸内アイランドホッピング

ベストガイド賞

カバー1-min.jpeg

7つの島が連なるとびしま海道で、異なるストーリーと瀬戸内情緒あふれる風景を楽しみ、島のくらしを感じる一泊二日ツアー。

アイランドホッピング-min_edited.jpg

​綺麗な景色を見て、美味しいご飯を食べるだけでなく、街がどのようにできたのか、島ごとのストーリーを語るのがいい。歴史ファンにはたまらない。ここまで熟知し、発信できるのは並々ならぬ努力があったからだろう。ガイドのクオリティが素晴らしく、この人であればどこのツアーでも参加したいくらい、とても楽しくて安全だった。

新体験部門

グランプリ

357608_edited.png
357608_edited.png

ライフタイムメイドデニム

Project BoleeGa /インド料理専門店アンナ・プルナ/
篠原テキスタイル株式会社/有限会社ミルクリエイト

ProjectBoleeGa日本の宝物グランプリ (1)-min.jpg

世界最高峰のデニム職人が、世界で一つしかない一生ものデニムを作ってくれる体感ツアー。作品は生涯のメンテナンスが可能。

デニム-min_edited.jpg

自分だけのオリジナルジーンズを作り上げるために、迷いながら何度も訪ねてきて、直しにも来る。プロセス自体を商品にしており、マニファクチュアツーリズムの全国の見本になる。
未来を考えたSDGsな取り組みで、事業者さんの熱意が素晴らしかった。

準グランプリ

544632.png
544632.png

ヒロシマの記憶AR

特定非営利活動法人Peace Culture Village(NPO法人PCV)
/タイムルーパー合同会社

①-1宝物_グランプリ_エントリー説明用写真_2021_広島_ヒロシマの記憶_ver1.2-min.jpg

ARやホログラム技術を通して過去の広島と未来を担う世界の学生をつなぐアプリ。被爆者と日本・海外の混合チームが開発。

ひろしまAR-min_edited.jpg

ただの動画ではなくて、本当に目の前で被爆者の方がお話ししてくれているような感覚だった。広島にわざわざこなくても体験できる、スケールできることが素晴らしい。この取り組みを、アメリカ人であるメアリーさんがやっていることに説得力を感じた。心に残る体験だった。

開催概要

日時・場所

ツアー審査
2021年11月2日(火) 、3日(水)、4日(木)

会場プレゼン審査 & 結果発表 & 授賞式
2021年11月4日(木) 
​※イノベーション・ハブ・ひろしまCamps
(広島市中区紙屋町1-4-3 エフケイビル1F)

主催

一般社団法人広島県観光連盟(HIT)

審査員

渡瀬ひろみ(株式会社アーレア 代表取締役)

平谷尚子株式会社アドプレックス TJ Hiroshima編集部 企画編集長)

阪上浩也株式会社ユニアース 代表取締役)

石川さおりPlogging Hiroshima/HITひろしま観光大使 代表)

山邊昌太郎一般社団法人広島県観光連盟 チーフプロデューサー)

羽根 拓也にっぽんの宝物プロジェクト 総合プロデューサー)

2U0A1421-min.jpg