GINZA SIX「銀座大食堂」で山田チカラシェフ監修のコラボメニューを期間限定で提供!


2017年11月1日より、GINZA SIX内「銀座大食堂」にて、にっぽんの宝物 世界大会受賞者をはじめ、JAPANグランプリ2017年の受賞者の商品を東京でも味わっていただけます!

メニュー監修は、ミシュラン常連のスペインのレストラン「El Bulli」で修業をした経験を持つ、食文化プロデューサーでもある山田チカラシェフ。

秋風を感じながら、大切な方と、お友達と、家族と、銀座でにっぽんの宝物を味わってみませんか?

■場所:GINZA SIX 6階 「銀座大食堂」内

    東京都中央区銀座6丁目10−1

■期間:2017年11月1日(水)〜11月30日(木)

■メニュー監修:山田チカラ(南麻布山田チカラオーナーシェフ)

■メニュー:

①野菜のおひたし・食べる豆乳ソース

②タコと里芋の相良茶煮

③南房総のイワシ酢漬けのフリット

④ナスのグラタン・ヤギミルクのホワイトソース

⑤鶏鳴のキノコとモリンガ茶あんかけ

⑥ヤギミルクジェラートのマンゴーパフェ

野菜のおひたし・食べる豆乳ソース

3代続く高知県の豆腐屋が、水と原材料の大豆にこだわりぬき、常識を覆す濃厚な味わいの豆乳を開発。

その豆乳ソースをたっぷり使った野菜のおひたし。豆乳の概念が覆されます。

高知「食べる豆乳 soy make」 高知県春野町/豆匠庵

2017年全国大会 グランドグランプリ(最優秀賞)

タコと里芋の相良茶煮

水質日本一の川辺川が流れる熊本県相良村。その川の朝霧を存分に浴びて育った、日本最古と言われる「相良茶」。

古来、タコは茶で茹でることで柔らかくなると言われている。

相良茶で、タコと旬の里芋をじっくりと煮た日本の心に触れられる一品。