にっぽんの宝物事務局

Copyrights All Rights Reserved.

にっぽんの宝物 

​2017年度 高知グランプリ結果速報

株式会社けんかま

ととティーヤ

無添加で仕上げたシート状のかまぼこ。様々な食材とのコラボが楽しめる。グルテンフリー。

JAPAN大会

​出場権

グランプリ

魚兼×このや

仁淀川天然鮎の塩麹漬け

水質日本一の仁淀川で、環境に負担をかけない友釣りの天然鮎だけを使った風味豊かな塩麹漬。

JAPAN大会

​出場権

準グランプリ

漁師の食卓×有限会社泉利昆布

熟成・金目鯛の白板昆布まぶし

室戸の近海で釣り上げた金目鯛を、職人技で丁寧に剥いた白板昆布を使用した旨味豊かな一品。

JAPAN大会

​出場権

準グランプリ

大原昴佑×越知町地域おこし協力隊×㈱岡林農園

濃いイチジクのジャム「フィグフィグ」

清流仁淀川の中流域で生産されたイチジクを使った、料理にもデザートにも合うジャムに。

審査員特別賞

だっぱん屋×株式会社雲の上ガーデン

有機ビーツの「ピクルスdeソース」

龍馬脱藩の里・梼原町で有機栽培されたビーツのピクルスで作った、彩りが美しい万能ソース。

敢闘賞

㈱土佐龍馬の里×だるま味噌㈱×高知県立山田高等学校

土佐香味MISO

香美市土佐山田の良質な青ネギをたっぷり入れた、創業121年の技術のおかず味噌。

一般審査員特別賞

その他の出場商品

土佐フィッシュ&チップス+土佐ベジ

高知水田農園×アジアマリン有限会社×スルラクセ

​土佐の鰹だしところてん&天草和紙の灯り

横山麺業株式会社×かみこや

開催概要

世界大会2年連続出場を果たしている、食の宝庫高知県。2012年からの開催で今回が第6回目。

​コラボレーションを得意とする高知の、クリエイティブな商品に期待がかかる大会

日付

2017年11月3日

場所

​ひろめ市場 

審査員

木村祐二(NPO法人高知の食を考える会専務理事) *審査員長

北本大輔(四国銀行地域振興部 部長代理)

長岡諭(高知市農林水産部長)

藤本正孝(高知県旅館ホテル生活衛生同業組合理事長)

石川靖(株式会社土佐山田ショッピングセンター代表取締役社長)

大西直人(有限会社ひろめカンパニー 代表取締役)

​にっぽんの宝物 プロデューサー 羽根拓也

一般審査員

土佐山田ショッピングセンター商品部

高知空港ビル(株) 営業部

(株)高知大丸 営業推進部

地産地消外商公社 高知事務所

旭食品地産地消外商課

三重県農業改良普及センター

日本での地域大会開催をご希望の方は、以下よりお問い合わせください

2018年のJAPAN大会への切符を手にするのはどの事業者か!?

2017年10月〜各地で開催

>>>